2020年8月28日

ロールコラム需要、20年度1割以上減へ 五輪端境期にコロナ影響

 ロールコラム(BCR)の2020年度の需要は、前年から1割以上落ち込む見通しだ。19年度は18年度比1割ダウンの40万トン台後半だったが、20年度は東京五輪の端境期だったところに新型コロナウイルスの影響が加わった。4―6月期は前年並みを維持したものの、下期以降は企業の設備投資意欲減退によって中小物件の延期や中止が懸念され、年度で2割程度減少する見方もある。

おすすめ記事(一部広告含む)