2020年9月10日

佐藤商事、22年度売上高2200億円へ

佐藤商事は10日、2020年度を起点とする3カ年の第二次中期経営計画を発表した。新たなニーズの取り込みによる全社拡販活動を推進し、国内および海外拠点の整備や拡大投資などを実行することで、最終年度の22年度に連結ベースで売上高2200億円、営業利益40億円、ROIC(投下資本利益率)4・0%以上、海外売上高比率20%以上を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)