2020年9月17日

ヤマトスチール 10月出荷店売りH形鋼2000円上げ、10月契約一般形も

 ヤマトスチール(本社=姫路市、山内靖彦社長)は16日、10月出荷分からの店売り向けH形鋼販売価格と同10月契約分の一般形鋼(溝形鋼・I形鋼)価格を前月比でトン当たり2000円引き上げると発表した。値上げは3カ月ぶりで、製品の申し込み締め切りは来週25日。物件向けH形鋼も新規見積もり分からトン2000円値上げする。電炉主原料となる鉄スクラップ価格が値上がり傾向にあることなどを反映した。

おすすめ記事(一部広告含む)