2020年9月18日

三悦、本社に経営資源集中で事業高度化

地区特殊鋼流通大手の三悦(本社=名古屋市港区十一屋1―12―3、樋田浩三社長)は、本社を中心とした経営資源の集中で、設備の拡充および働き方改革などの業務効率化を加速する。来年にも本社工場に大型切断機の増設を検討するとともに、物流効率化のため試験導入している、AIによる自動配送ルート作成ソフトの本格運用の開始、業務全般に関わる新システムの立ち上げも予定。また合理化の一環で収益性が低下している長野営業所(長野県岡谷市)の閉鎖も決め、リーンな経営体制の構築を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)