2020年9月25日

ステンレス鋼線最大手の日本精線 Ni系、10契2万円上げ

ステンレス鋼線最大手の日本精線は、ステンレス鋼線の10月契約価格をニッケル系(基本鋼種SUS304)についてトン当たり2万円引き上げる。ロッドメーカーによる9月契約からのステンレス線材価格改定に伴うもので、クロム系(基本鋼種SUS430)は据え置く。ニッケルなどのアロイ含有量に応じた鋼種エキストラは、SUSXM7が同3万円、SUS303が2万円、SUS316が2万5000円、SUS310Sが5万円それぞれ上げる。

おすすめ記事(一部広告含む)