2020年9月29日

セキノ興産、首都圏東部の年間加工1万トン維持

 セキノ興産(本社=富山市、関野光俊社長)は今年、首都圏東部ブロックで2年連続の年間加工量1万トンを目指す。新型コロナウイルスにより建材需要の低迷が続く中、強化した販売加工体制で着実に需要を捉え、目標の達成を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)