2020年10月6日

愛知製鋼、電炉排熱回収設備が完成

 愛知製鋼は、知多工場(愛知県東海市)に建設中だった、電気炉の排熱を蒸気エネルギーとして活用する国内初の排熱回収設備が完成、5日竣工式を行ったと発表した。省エネルギーなどを含めたESG(環境・社会・企業統治)経営を実現する鋼材生産プロセス改革の一環として、2016年5月から建設を進めてきたもので、投資額は約30億円。

おすすめ記事(一部広告含む)