2020年10月9日

アムロン、ファイバーレーザー新設

鋼材加工販売のアムロン(本社=高松市、岩﨑巨樹社長)は薄板加工拠点のテクノ香川で工場建屋を増築し、ファイバーレーザー加工機1基(自動搬出入装置付き)を新設した。老朽化したCO2レーザーのリプレースで、加工効率・品質を高めるとともに、工程の自動化で加工能力を増強する狙い。ファイバーレーザーの特性を生かし、非鉄金属の加工需要も取り込みたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)