2020年10月13日

日本鋳造 池上の特殊車両向け・LEX製品、川崎工場に生産移管

 大手鋳造メーカー、日本鋳造は2020年度下期をめどに、池上工場(川崎区池上町)で手掛ける特殊車両向け足回り部品と低熱膨張合金「LEX(レックス)」を素材に用いた製品の生産を川崎工場(川崎区白石町)に移管する。池上工場はシームレス鋼管圧延用穿孔プラグなどに品種を特化することで、生産効率向上に伴うコストダウンを図る。特殊車両向け部品とLEX製品の生産は川崎工場に集約する。

おすすめ記事(一部広告含む)