2021年2月18日

日本鋳造、川崎でIoT化推進 センサーで動線分析 作業効率化目指す

 大手鋳造メーカー、日本鋳造は主力の川崎工場(川崎区白石)にIT技術を1月に導入し、設備のIoT(モノのインターネット)化を推進する。工場の管理者や作業員にセンサーを取り付けて動線分析を行うもので、作業の効率化を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)