2020年10月13日

大阪地区、鉄スクラップもみ合う

 大阪地区の鉄スクラップ相場がもみ合っている。東京製鉄や同地区電炉に先行し鉄スクラップ購入価格を引き上げていた合同製鉄大阪製造所が先週10日入荷分より、新断以外トン当たり500円下げに踏み切った。一方で9月20日から10月10日までの炉休を終えた岸和田製鋼は製鋼と鉄スクラップの荷受けを再開し、12日からダライ粉以外の鉄スクラップ購入価格をトン1000円引き上げるなど上げ下げが交錯している。

おすすめ記事(一部広告含む)