2020年10月23日

関西地区、厚板定尺市況1000円反発

関西地区の厚板定尺市況がこのほど、1000円程度反発、7万8000円(トン当たり、厚み16ミリの5×10サイズ、コイルカット品、SS400)が実勢化した。国内外メーカーが厚板(厚板ミル製品)の販売価格を引き上げるとともに、地区コイルセンターもコイルカット品の売値を上げてきたことで、扱い特約店が仕入れ価格の上昇を販売価格に転嫁、一部が市場に浸透した。ただ、需要自体は盛り上がりに欠け、ユーザーの抵抗もあって、先行きの市況は一本調子での上昇とはならないとの見方が一般的だ。

おすすめ記事(一部広告含む)