2020年10月26日

J&T環境、太陽光パネルリサイクル 来年度事業化へ

 JFEエンジニアリング(大下元社長)は23日、グループ会社のJ&T環境が太陽光パネルのリサイクルプラントによる実証試験を開始したと発表した。J&T環境の北関東営業部構内(群馬県伊勢崎市)に試験プラントを導入し、太陽光パネルの回収・破砕・分別などを行う。アルミやガラスなどの有価物を回収するマテリアルリサイクルを目指し、使用済み太陽光パネルの適正処理のための技術を確立する。試験は2021年1月末まで行い、有効性の確認後、来年度の事業化を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)