2020年10月28日

全鉄連業況アンケート9月、赤字企業36%に低下

全国鉄鋼販売業連合会の各地区業況アンケート(10月調査)によると、9月の企業収益状況は赤字比率が前月比21ポイント減の36%となった。収支トントンが10ポイント増の30%、黒字比率が11ポイント増の34%となり、収益状況が大幅に改善。各品種の需給状況を示す業況判断指数(DI値)は一部の鋼板類が不足気味を示すプラスに転じ、自動車を中心とした製造業の稼働率向上、メーカー減産の影響などが鮮明となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)