2020年11月5日

合金鉄 マンガン系、価格軟化 中国在庫増 鉱石の値下がり映す

マンガン系合金鉄価格が軟化している。業界関係者によると、11月積み輸入シリコマンガンの提示額は日本着トン900ドル(9万4200円)水準と10月積み比50ドル程度下がった。中国以外を主体に鉄鋼生産に連れて需要は回復基調だが、中国の鉱石在庫増を受けた鉱石の値下がりを反映した。季節要因で価格は鉱石、合金とも当面弱い見通し。ただ、中国が国内鉱石から輸入鉱石にシフトするなど、構造的な変化もあり、需給の改善は続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)