2020年11月18日

二藤レール、普線製品販価上げ 2段階で計1万円超

大手普通線材製品メーカーの二藤レール(本社=大阪府東大阪市、阪本奉文社長)は、普通鉄線やなまし鉄線について、12月帳端からトン当たり5000円以上、さらに来年1月帳端から同5000円の計1万円以上値上げする。母材の線材価格の上昇を受けて、価格転嫁を図るもので、今後の市況環境や線材価格の動向次第で、追加値上げの可能性もある。

おすすめ記事(一部広告含む)