2020年11月30日

井上鋼材、産機向け鋼材加工急増

 山梨県の鋼材流通、井上鋼材(本社=甲府市、井上重良社長)は下期に入り、産業機械メーカーから鋼材加工の引き合いが急増している。新型コロナウイルス禍を受け、4―6月ごろの売上高は前年同期間と比べ約30%減となったが、10月以降は約15%減まで減少率が縮小。建築分野の引き合いは伸び悩むが、下期は省力化に主眼を置いた産業機械の需要回復が進んでおり、設備の架台用途などで受注が増加している。

おすすめ記事(一部広告含む)