2018年2月26日

井上鋼材、プラズマ切断機を増強 小型複合加工機3月導入

山梨県の有力鋼材流通、井上鋼材(本社=山梨県甲府市、井上重良社長)は本社に併設する第二工場で先週からプラズマ切断機1台を増強し、本格稼働している。3月中旬には玉穂工場(山梨県中央市)で形鋼や角パイプ用の切断・穴開けの小型複合加工機を導入する。好調な産業機械向けを中心に加工体制を強化し、従来比で5%の受注量増を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)