2020年12月3日

日鉄物産 国内CC2社統合 NSM大阪製造部を来夏閉鎖へ

日鉄物産は2日、子会社のNSMコイルセンター(本社=東京都江東区、森脇慶司社長)とNSTコイルセンター(本社=大阪市、石井勇起社長)を2021年4月1日付で合併すると発表した。コイルセンター事業の最適化が目的で、合併に伴い、21年夏をめどにNSMコイルセンターの関西事業所大阪製造部(大阪市)を閉鎖することも決めた。

NSMコイルセンターを存続会社、NSTコイルセンターを消滅会社とする吸収合併を行う。両社の合併と大阪製造部の閉鎖によって、グループの事業基盤強化を図るとともに、関西地区での効率的かつ高い競争力を有する薄板加工体制を構築することで、サービスや顧客満足度の向上につなげる。

閉鎖する大阪製造部の加工業務はNSTコイルセンターやNSMコイルセンター関西事業所堺製造部などへの移管を進める。19年2月に同社が10%出資したサミットスチールの関西地区の加工拠点とも連携し、顧客の利便性向上に努める。

NSMコイルセンター所有の建屋と跡地については、閉鎖後、必要な補修などを行った上で活用することを検討している。

おすすめ記事(一部広告含む)