2020年12月7日

シーケー金属、IHパイプヒーター開発 フレアマシン使用者向け

 シーケー金属(本社=富山県高岡市、釣谷宏行社長)は、業界初となる火を使用せずパイプを加熱することができる「IHパイプヒーター」を開発し、12月1日から販売を開始した。電磁誘導を利用した高周波誘導加熱により250AのSGP配管用炭素鋼鋼管を、60秒で180度まで加熱することができる。本体価格を500万円に設定しており、フレアマシンユーザーに年間10台程度の販売を予定している。今後、他サイズ展開を図り、工数削減や品質向上が可能な新分野にも応用提案を行う方針。

おすすめ記事(一部広告含む)