2020年12月23日

点検 鉄鋼市場 1―3月 特殊鋼・ステンレス

特殊鋼 需要横ばい見通し メーカー値上げ 2月以降、市況に影響

 特殊鋼需要の1―3月の見通しは横ばい。主要用途である自動車向けがけん引し、構造用鋼や熱間工具鋼、軸受鋼などで10―12月と同等の荷動きが続く。冷間工具鋼などの金型用鋼は、工作機械メーカーなど需要家の操業が通常通りに戻らず、大幅増は見込めない。自動車向けの少ない店売りは低位横ばいで推移。原料価格の上昇により一部メーカーは特殊鋼棒線価格の引き上げを発表。商社や流通に入荷する2月以降の市況に影響をもたらすとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)