2021年1月5日

点検 鉄鋼市場 1―3月 磨棒鋼 カラー鋼板

磨棒鋼 需要回復傾向落ち着く 流通の売り腰強く 市況は横ばい

磨棒鋼の需要は秋口以降、回復傾向を強め、足元まで安定しているが、年明け以降、緩やかに落ち着いていくとみる向きが多い。一方、市況は需要の増減に関わらず、横ばいで推移すると予測される。流通の売り腰が強いためだ。

おすすめ記事(一部広告含む)