2021年1月8日

薄板3品 在庫1%減354万トン 11月末、需給タイト感続く

11月末の国内向け薄板3品在庫(メーカー・問屋・全国コイルセンター工業組合の合計、速報値)は前月比0・8%、2万6000トン減の353万5000トンとなった。6カ月連続の減少で、2010年の350万トン以来の低水準が続いている上、在庫率も前月(2・35カ月)を下回る2・20カ月で19年度以降では最も低いレベル。首都圏を中心にした緊急事態宣言の発出で先行き不透明感も出ているが、需給のタイト感はしばらく続くものとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)