2014年1月8日

薄板3品在庫、再び減少傾向 11月末

 11月末の国内向け薄板3品在庫(メーカー・問屋・全国コイルセンター工業組合の合計、速報値)は前月比1・5%減の382万トンだった。10月の台風影響がなくなり、メーカーからの出荷が正常化したことで、再び在庫減少トレンドに入った。12月末在庫についても、流通や需要家の引き取りが堅調に推移しているため、変動幅は小幅にとどまる見込み。

おすすめ記事(一部広告含む)