2021年1月12日

「新春インタビュー 鉄骨業界―課題と展望―」鉄骨建設業協会 田中進会長 21年度需要回復基調へ 工事ピークは22―24年度に

――足元の鉄骨需要をどうみる。

 「2018年下期から建築工事が端境期に入り、予想以上に長期化している。19年度は発注が減り、ファブリケーターの受注や操業に影響が出始め、鉄骨需要は18年度の508万トンから457万トンへ落ち込んだ」

おすすめ記事(一部広告含む)