2021年1月14日

日本製鉄グループ、高圧水素用材料「HRX19」拡販推進

 日本製鉄グループは本年、高圧水素用材料「HRX19」の拡販を国内外で推進する。脱炭素の社会的要請が高まる中、世界で唯一の「高圧水素環境下で使用できる溶接可能な高強度材料」として、国内の各需要分野のほか、東アジアや北米、欧州など水素燃料の需要が伸びる地域で特性をPRし、採用につなげたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)