2021年2月1日

20年推定、鉄骨需要量405万トン リーマン後を下回る

2020年の全国の推定鉄骨需要量は、前年比14・3%減の404万5429トンとなった。3年連続の対前年割れで、09年のリーマン・ショック後の水準を下回った。東京五輪を控えて端境期だったところに、新型コロナウイルスの影響が加わった。物流施設など大型物件は底堅いが、ホテルなどインバウンド関連や中小物件は苦戦しており、21年も引き続き厳しい環境が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)