2021年2月9日

中国鉄鋼業危うい好況 景気対策受け設備投資急増 能力増、過剰供給懸念高まる

新型コロナウイルス禍が中国の鉄鋼投資を刺激する事態を生んでいる。政府の景気対策による需要の拡大と鋼材市況の上昇を背景に中国鉄鋼業の固定資産投資額は2020年に前年比26・5%増え、13兆円半ばと過去最高を記録した。能力増強が盛んに行われたリーマン・ショック時の2・5倍もの鉄鋼投資によって新たな能力が増えていく。政策の効果で盛り返した需要はいずれ減速する。再来が危惧される鉄鋼の過剰供給が世界に与える影響は過去にない震度となる恐れがある。

おすすめ記事(一部広告含む)