2021年2月10日

広島メタル&マシナリー 茨城副社長が社長に昇格

 特殊鋼ブルーム・鋳鋼、産業機械製造の広島メタル&マシナリーは9日、4月1日付で茨城哲治副社長(65)が社長に昇格すると発表した。川口敬一郎社長(64)は代表権のない会長に就く。新たな経営体制で、さらなる成長と経営・収益基盤の強化を図る。

 同日付で山本茂樹・取締役専務執行役員が副社長に就任。引き続き、メタル事業部長として特殊鋼ブルーム事業を含む、メタル事業部を管轄する。

 ▽茨城哲治(いばらき・てつはる)氏=1981年東大大学院修了(工学修士)、新日本製鉄入社(現日本製鉄)。09年4月本社製銑技術部部長、12年7月太平工業(現日鉄テックスエンジ)機械事業部参与。15年10月広島メタル&マシナリー入社。16年1月から取締役副社長。55年6月25日生まれ、千葉県出身。

おすすめ記事(一部広告含む)