2021年2月15日

新報国製鉄が開発、塩素に強い耐腐食合金 ごみ焼却炉向け本格投入

 特殊合金の鋳鍛造メーカー、新報国製鉄は塩素に強い耐腐食合金「EGNIS(イグニス)」を開発し、本格的に市場投入する。既存の耐熱鋼を用いても部材が極端に摩耗する、ごみ焼却炉向けに照準を合わせてアピールを強化する。国内には1000基程度のごみ焼却施設があるとみられており、拡販を進めることで、中・長期的には年間5億―6億円の売り上げを目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)