2021年2月16日

神戸製鋼 高炉CO2排出2割削減 コークス使用、世界最小水準 低炭素技術を実証

神戸製鋼所は16日、高炉の二酸化炭素(CO2)排出量を2013年度比約20%削減できる技術を実証したと発表した。子会社のミドレックスの還元鉄製造技術を活用、ホット・ブリケット・アイアン(HBI)を高炉に大量投入することで、コークス使用量を世界最小水準に減らした。すぐに実現可能な安価な低炭素手法として自社に適用することで、新たな価値を持つ低炭素鋼材の販売を視野に入れる。他社も使える汎用性のあるソリューションとして提供し、世界の鉄鋼の低炭素化に貢献する。

おすすめ記事(一部広告含む)