2021年2月17日

カノークス、ファイバーレーザー導入

鉄鋼専門商社のカノークス(本社=名古屋市、髙木清秀社長)は、同社100%子会社であるカノークス鋼管北上(本社=岩手県北上市、小河正直社長)に鋼管・形鋼用のファイバーレーザー加工機を新設し、昨秋から量産体制に入った。これまでオペレーターが別々に作業していた鋼管切断からプレス加工の工程を一元化・自動化することが狙い。これにより加工プロセスの省略が可能となり、オペレーターの負担軽減とリードタイムの大幅短縮を実現した。

おすすめ記事(一部広告含む)