2021年2月25日

大阪製鉄、3月契約一般形鋼販価 2カ月連続据え置き

大阪製鉄は25日、3月契約分の一般形鋼販売価格(等辺山形鋼・不等辺山形鋼・溝形鋼)を前月比で据え置くと発表した。販価据え置きは2カ月連続。電炉主原料となる鉄スクラップが再び値上がりしており、「厳しいコスト環境が続くとみられるが、製品市況の改善もいまだ十分とは言えない」(同社)としてこれまでの値上げ分の市場への浸透を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)