2020年2月25日

大阪製鉄、3契一般形鋼販価据え置き

大阪製鉄は25日、3月契約分の一般形鋼販売価格(等辺山形鋼・不等辺山形鋼・溝形鋼)を前月比で据え置くと発表した。販価据え置きは17カ月連続。一般形鋼の荷動きは低調だが、電炉主原料となる鉄スクラップについて「新型コロナウイルスの感染拡大への反応を含んで下落したとみており、今後の方向性について見極めていく必要がある」(同社)として販価を据え置いた。

おすすめ記事(一部広告含む)