2021年3月3日

薄板3品 輸入材価格、5カ月連続上昇も国内市況を下回る

1月の輸入材の入着量(薄板3品)は前月比3000トン増の23万2000トンで、ほぼ横ばい。対前年比では14%減と、低水準が続いている。関係者が最も注視している入着価格については、黒皮とGIを中心に平均でトン当たり1900円の値上がりとなった。

おすすめ記事(一部広告含む)