2021年3月8日

愛知製鋼、印バルドマンから鋼材供給 東南ア鍛造拠点に

 愛知製鋼は2022年度以降をめどに、出資先であるインドの特殊鋼メーカー、バルドマン・スペシャルスチール(本社=パンジャブ州ルディアナ市、サチット・ジェイン社長)から、愛知製鋼が東南アジアに展開する現地鍛造事業拠点に鋼材供給を開始する。現在、日本から供給している現地拠点向けの鋼材をバルドマンに切り替えることで、コスト競争力を強化するとともに、国内需要家への供給力向上を図ることが狙い。そのためバルドマンの品質向上を一段と進めていく方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)