2021年3月12日

山田鋼材、レーザー切断機増設へ

 山田鋼材(本社=兵庫県三木市、前田文彦社長)は播磨地区の鋼板精密加工に対応するため、1―2年後をめどに、レーザー切断機を1基増設し、3基体制とする方向で検討している。地区のレーザー加工ニーズをキャッチアップし、これまでに2号レーザー切断機が100時間連続運転を実現するなど、加工機能の向上を推進している。設備を増強することで、小口・短納期対応の強化を図るとともに、BCP対策面でも寄与させていきたい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)