2021年4月5日

2月末薄板3品在庫、353万5000トン

 2月末の国内向け薄板3品在庫(メーカー・問屋・全国コイルセンター工業組合の合計、速報値)は前月比0・3%、1万1000トン減の353万5000トンとなった。5カ月連続で350万トン台で推移し、店売り市場を中心に需給タイト感が続いている。高炉メーカーと需要家の稼働日の相違という季節パターンで例年ならば在庫は1月に増加して2月に再び減少する傾向となるが、今回は1月と2月ともに減少。また、メーカー生産(国内向け薄板3品)は稼働日数の減少から、1月の155万トンから2月は151万トン程度に減少したもようで、生産・在庫ともに需給見合いを保つ格好。

おすすめ記事(一部広告含む)