2021年4月6日

日本金属 ステンレス・樹脂複合 分析機器用管を開発

日本金属は6日、外管にステンレスを、内管に樹脂を用いたキャピラリー管向け複合管「FINE PEEK―ST キャピラリー管」を開発したと発表した。同管は分析機器に用いられる製品で、小径化、内面の高精度化、高圧化に対応した。同社は今後も顧客のニーズに応じた開発を継続し、高精度化を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)