2021年4月9日

大阪鉄材商事 前12月期 増収増益

大阪鉄材商事(本社=大阪市浪速区、梁川泰人社長)の前期(2020年12月期)の業績は売上高121億円と19年12月期比約3%増、経常利益1億1000万円と同約5%増と増収増益。増収要因は、主力の鉄筋については平均出荷単価が同比で下がったものの、出荷量は新型コロナウイルス禍の中ながら、建築工事が比較的スムーズに進捗したことから、年間13万5000トン(関西以外向けも含む)と同比10%増えたことが貢献。増益要因は鉄筋事業が年間を通じて比較的に一定の口銭を確保できたことによるもの。

おすすめ記事(一部広告含む)