2021年5月7日

3月 鉄スクラップヤード入荷量 大阪府内12%増加

関西鉄源協議会(代表幹事=黒川友二・扶和メタル会長)がまとめた3月の大阪府内の鉄スクラップヤード入荷量は、前年同月比12・0%増の12万4926トンだった。リーマンショック直前の2008年7月以来、12年9カ月ぶりの高水準になった。新型コロナウイルス禍の収束の見通しがたっていないが、「業種間で差は大きいながらもスクラップ発生元となる製造業などの回復が進んでいるのでは」(流通筋)という。

おすすめ記事(一部広告含む)