2021年5月10日

愛知製鋼 23年度営業益150億円目標

 愛知製鋼は10日、2023年度を最終とした「2021―23年度 中期経営計画」の概要を発表した。昨年まとめた「2030年ビジョン」実現に向け、スタートとなる3年間での実行計画となるもので、カーボンニュートラルやCASEの進展、コロナウイルス、デジタル技術の導入など激変する経営環境に迅速、柔軟に対応し、23年度の連結営業利益で150億円(20年度比4・2倍)を目指す。設備投資額(単独)は、3年間で512億円(18―20年度比2・4%増)を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)