2021年6月7日

関東地区 形鋼流通5000円唱え上げ H形など9.5万円照準

関東地区の形鋼流通は今週からH形鋼、山形鋼や溝形鋼など一般形鋼の唱え価格をトン5000円程度引き上げる。価格転嫁が遅れている中で、メーカー各社の追加値上げが相次ぎ、流通各社は採算悪化への危機感が強まっている。目先はH形鋼などのベースサイズで9万5000円の価格帯を照準とするが「これは通過点でさらに上げなければ採算が合わない状況」(流通幹部)と強調し、一層の価格改善を進める意向だ。

おすすめ記事(一部広告含む)