2020年12月25日

関東地区 平・角鋼、年明け唱え上げ 流通大手、10万円超へ

関東地区の平鋼流通大手は年明け1月から平・角鋼の唱え価格を引き上げる。主要メーカーの断続的な値上げを受け、目先は平鋼のベースサイズでトン当たり10万円以上の実現を目指す。これまでのメーカーの上げ幅を考慮すると「11万円近くの価格帯を視野に入れる必要が出てきた」(流通幹部)と採算悪化に危機感を示し、価格転嫁の動きを加速する。

おすすめ記事(一部広告含む)