2021年6月7日

阪和工材 兵庫・小野に新工場 23年春開設、50億円投資

ステンレス流通大手の阪和工材(本社=大阪市淀川区、田阪達彦社長)は、兵庫県小野市に新工場を建設する。西日本地区の生産拠点、吉川工場(兵庫県三木市)の主力設備であるNo.1レベラーの劣化更新に伴い、製品の品質および生産性向上を目的とするもので、2023年4月の開設を予定。投資額は土地、建屋、設備含めて約50億円。同社としては、07年の吉川工場開設以来の大型投資となる。

おすすめ記事(一部広告含む)