2021年6月9日

中央パイプ社長 松原専務が昇任 松原社長は相談役

中部地区の老舗鋼管流通業者、中央パイプの新社長に、5月31日付で松原寛史専務(43)が昇任した。松原修社長(73)は取締役相談役に就いた。経営の若返りを図ることが目的。

▽松原寛史(まつばら・ひろし)氏=2000年立命館大理工卒、いすゞ自動車入社。03年中央パイプ入社。工場勤務を経験した後、営業を中心に勤務し、10年取締役、15年専務就任。77年7月24日生まれ、愛知県出身。

おすすめ記事(一部広告含む)