2021年6月18日

東海カーボン 電極、採算改善に注力 稼働率回復、マージン課題

東海カーボンは経営の最重要課題として電極の採算改善に取り組む。世界的な鉄鋼生産、需要回復で受注は改善、電極生産設備の稼働率は年初の底から2倍程度に上がったが、価格が低迷しており、再生産可能な価格改善、マージン確保が課題。稼働率も上がってきており、最適生産体制を進め通期で黒字化する。脱炭素化、電炉鋼需要拡大の潜在性を取り込むためにも足元の収益力を強化する。

おすすめ記事(一部広告含む)