2021年6月29日

東京・薄板市況 全品種で7カ月続伸 中板13年ぶり10万円台

 東京地区の薄板市況は熱延鋼板(中板)が前月比でトン当たり1万円、酸洗鋼板と冷延鋼板、表面処理鋼板が同1万5000円上伸した。薄板類の全品種上昇は7カ月連続。中板(無規格品)はリーマン・ショック直後の2008年9月以来、約13年ぶりに10万円台を突破した。

おすすめ記事(一部広告含む)