2021年7月14日

宮崎精鋼・知多工場 伸線能力、月1万トンへ

冷間圧造用(CH)鋼線、磨棒鋼メーカーの大手、宮崎精鋼(本社=名古屋市、宮﨑元伸社長)は、自動車向けを中心に需要の高まりが顕著なCH鋼線の増産を視野に、知多工場(愛知県東海市元浜町)の伸線能力を足元の月間9000トンから1万トン水準に引き上げる。年内に伸線機1基を発注検討し、来年以降も拡大が続く見通しにあるCH鋼線ニーズへの対応に向け、早期に上方弾力性を高める方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)