2021年7月19日

津軽工業 吊りチェーン、新型クランプ発売

建設足場に使用される緊結金具(クランプ)メーカー、津軽工業(本社=東京都墨田区、齊藤貢社長)は新型の「吊りチェーン用クランプ」を開発し、7月から販売を開始した。上下からボルトの締め付けが可能で、座金付きにより振動吸収に強さを発揮する。有効開口寸法は43ミリと大幅に拡大した。仮設工業会の認定を取得済み。齊藤社長は「試行錯誤を重ねて従来型を改良し、画期的なクランプを開発できた。本年度は年間3万個を目標に販売したい」と話す。

おすすめ記事(一部広告含む)